見てみよう!4月からのスクールライフの舞台

百聞は一見に如かず!

4月になれば、それぞれが新しい生活を迎えます。大学や短期大学、専門学校へ進学する人も多いでしょう。 これまで仲良くしていた友達と進学先が違うというケースもあるはずです。期待と不安でいっぱいの中、新生活はスタートするのです。 自分の夢の実現のために必要な資格が取れるかどうか、また、サークル活動や就職実績など、進学先を決める際には、いろいろなポイントがあります。特に、自分が学ぶことになるキャンパスがどんなところかという点については、とても気になるところです。 進学先を決めるにあたっては、志望校の資料を見たり、学校の先生に相談するなど、これまでも積極的に活動してきたことと思います。あとは、実際にオープンキャンパスに行って、その目で確認するということが必要でしょう。

チェックポイントを事前に考えておく

4月から数年間生活する場となるキャンパスです。受験前に、キャンパスの施設設備や雰囲気を見ておくのは、とても大切です。パンフレットやホームページで見た印象と違っていることもあるかもしれません。 自分なりのこだわりやポイントをあらかじめ考えておき、実際にオープンキャンパスに行った時に、それを確認することをおすすめします。そうすることで、入学前と入学後のミスマッチを防ぐことができるからです。 キャンパス内の雰囲気は楽しそうか。最新の設備が整っているか。学生食堂など学生同士の憩いの場はあるか。一人暮らしをする場合は、キャンパスの近くにアパートはあるか。交通の便は良いか。などなど、自分なりの「志望校選定基準」を作って出かけてみてはいかがでしょう。